業務の案内top
登記
 
 不動産登記
   相続 
   贈与
   売買
   離婚
   抵当権設定
   抵当権抹消
   住所氏名変更

 会社・法人登記
   設立
   役員変更
   定款変更
   増資
   その他

相続・遺言
   遺言作成
   
遺言書検認
   相続登記
   相続放棄
   遺産分割調停

夫婦関係
   離婚調停
   財産分与
   養育費

成年後見
   成年後見

裁判事務
   債務整理
   訴訟・調停
   帰化

企業法務
   相談
   登記


その他の法律相談


うんちくコラム

(本編ではありません。
サイト作成者の趣味です)

  

業務の案内ー遺言作成
(こんなとき、私達はあなたのお役に立ちます。)

 
     こんなあなたは遺言を!
        
 〜いま、遺言をする人が激増しています〜

      「まだまだ元気なのに遺言なんて縁起が悪い」「子供たちはみんな
      仲が良いので遺言なんて必要ない」と考えて、「自分には遺言なん
      て関係がない」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。でも
      誰も自分の寿命はわかりませんし、又、元気なうちでないと正しい
      判断で遺言をすることはできません。さらには、遺言がないがため、
      生前には仲の良かった相続人の間で遺産をめぐって紛争が起こると
      いう例が、実は少なくないのです。残されたご家族が
スムーズに
      産を承継するためにも、又
あなたの意思に即した遺産の分配を行う
      ためにも「遺言」を残しておかれることをお勧めします。なお、

      に次のような場合は是非とも「遺言」をしておくべき
です。

      @夫婦間に子供がいない場合
       夫が亡くなり、既に夫の両親も亡くなっている場合、妻が夫婦で
       築き上げた夫名義の遺産を相続するためにも、法律上夫の兄弟姉
       妹の承諾が必要になります。従って、妻は夫の兄弟姉妹から印鑑
       をもらうのに
大変に気を遣い、場合によっては頭を下げる必要
       出てくるかもしれません。


      A子供がたくさんいる場合
       子供同士が相続人の場合、兄弟間で少なからずもめることになる
       と考えるべきです。たとえ子供同士が仲が良くても、
それぞれの
       配偶者や他人が口出し
をしてきて、まとまる話もまとまらなくな
       ることがよくあります。


      B再婚したことにより、例えば先妻の子供と、後妻がいる場合
       先妻の子供と、後妻はあまり仲が良くないことが多いからです。

      C内縁の夫が(又は妻)がいる場合
      
 法律上の相続権がないからです。

      D夫婦間が不仲又は別居している(財産を譲りたくない)場合
      
 相手方に遺産を与えたくなくとも、相手方には法律上の相続権が
       あるからです。


      E相続人の中に、面倒をよく見てくれた者又は障害をもつ者がおり
       その者に多くの遺産を与えたい場合

       世の中には義務は果たさないが権利の主張だけはしっかりする人
       が増えてきています。
法律上の平等な相続割合がかえって不平等
       
な結果になることが多いのです。

      F相続人の中に、行方不明の者がいる場合
       そのままでは遺産分割協議をすることが出来ず、協議を進めるた
       めには非常に面倒な手続を要し、かなりの費用と時間がかかると
       になります。


      G相続人が一人もいない場合

       原則として、遺産は国のものになってしまいます。


      H個人企業や農業を経営している場合
       
事業用の財産を分割してしまうと、事業の維持、継続ができなく
       なる
場合があります。

「業務の案内」のトップページに戻る